木村知貴映画祭

上映プログラム木村知貴映画祭

各プログラムとも、上映終了後に木村知貴と監督によるトークタイム有り!

各回とも、開場は上映開始20分前です。

4/29
金・祝
  • Aプログラム
  • 14:00~16:00

TUESDAYGIRL

TUESDAYGIRL

2011年/44分

監督 今泉力哉
出演 関口崇則/高木珠里/木村知貴/片方一予/あや/青柳文子/葛上昇悟/古内啓子/今泉力哉/はるこ
あらすじ

結婚を間近に控えた関口と高木。リストラされたことを彼女・田代に伝えられずにいる木村。ある日、突然、木村は田代から「別れたい」と告げられる。一方、関口は昔の彼女・青木と交わした「結婚する時は伝える」という約束を守るべく、青木に会いに行く。

予告編(YouTubeへ)

  • *ニッポンコネクション(ドイツ)
監督略歴 「たまの映画」で商業監督デビュー。代表作に「こっぴどい猫」「サッドティー」など。
近年はTVドラマや乃木坂46の個人PVなども手がけている。
最新作は映画「知らない、ふたり」(全国順次公開中)とドラマ「東京センチメンタル」。

予約フォームへ

捨て看板娘

捨て看板娘

2014年/38分

監督 川合元
出演 山林真紀/木村知貴/井草隆行/中川真吾/太宰美緒
あらすじ

捨て看板屋の捨て看板娘。
子供の頃からそう呼ばれ、バカにされて来た聡美は町を出る。が、帰って来る。失意の帰郷を父将人はじめ町の人々は迎え入れるも、兄の隆一は聡美を突き放す。
不器用ながらもひたすらまっすぐな、家族の物語。

予告編(YouTubeへ)

作品ホームページ

  • *伊参スタジオ映画祭2013
    シナリオ大賞短編の部大賞 伊参スタッフ賞
監督略歴 東京都生まれ。ポストプロダクション勤務の傍ら、本作品のシナリオを執筆。
現在は、予備校で映像授業の撮影をしながら、人生を模索しながら、次回作を絶賛執筆中。

予約フォームへ

4/29
金・祝
  • Bプログラム
  • 16:30~18:30

ぴかぴか

ぴかぴか

2012年/33分

監督 頃安祐良
出演 安藤理樹/小宮一葉/MARUOSA/木村知貴/杉木隆幸/高橋卓郎/市川哲士/實川阿季/岡本真奈
あらすじ

進二は初めての浮気中。朝、目を覚ますと佐和子が目の前に立っていた。泣きながら家を飛び出す佐和子は公園で自作のポストカードを売っている男に遭遇する。ポストカードにはこう書いてあった…『泣いたっていいんだよ。流した涙の分だけ君は強くなれるから』と。

予告編(YouTubeへ)

監督略歴 1984年岡山県生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。アイドル映画『あの娘、早くババアになればいいのに』が、昨年テアトル新宿にて劇場公開され、大ヒットとなった。
乃木坂46のDVD特典映像や、アイドルネッサンスのMV、スペースシャワーTVにて放送されたでんぱ組.inc特番のディレクターを手がける。

予約フォームへ

Daughters

Daughters

2014年/20分

監督 二宮健
出演 山谷初男/樋口泰子/澤純子/福森加織/木村知貴/神林茂典/小野ひまわり/樋口沙耶/幸喜康秀
あらすじ

妻に先立たれた老人・実(みのる)は、区画整理で長年住んでいた家を追い出される。宿なしとなった実は、妻が大事に育てていた植木鉢を片手に、秩父に住んでいる娘たちを訪れる。

予告編(YouTubeへ)

  • *ベネチア国際短編映画祭2015 コンペ部門正式出品
  • *第2回ちちぶ映画祭2014 特別審査員賞
監督略歴 1991年生まれ、大阪出身。 ASHTRAY ARTS所属。
幼い頃から映画制作を始め、2008年、監督作品 「試験管ベイビー」が、高校生映画コンクール映画甲子園にて監督賞を受賞。
2014年に完成した監督作品「眠れる美女の限界」 が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015のオフシアターコンペディション部門審査員特別賞授賞。
大阪芸術大学の卒業制作作品として制作した「SLUM-POLIS」は、2015年クロックワークス配給で全国劇場公開。

予約フォームへ

ご祝儀

ご祝儀

2011年/23分

監督 甲斐博和
出演 西山水木/木村知貴/カイマミ/松井つくし/松井らら
あらすじ

結婚を控えた娘。
結婚式前日に娘は、一人暮らしの母の住む家に遊びに来る。
そんな2人の時間に、ある男が乱入して来て、お金を要求する。
仕方無く母親は用意していたご祝儀を渡すが…

  • *2011年 仙台短編映像祭
監督略歴 1977年、鹿児島県屋久島生まれ。
高校時代をチリやアメリカで暮らす。帰国後、筑波大学人間学類に入学。教育学、心理学を中心に学ぶ。大学を卒業後、役者の道へ。2003年に自身の劇団「TOCA」を立ち上げ、2006年より独学で映画を製作。

予約フォームへ

4/29
金・祝
  • Cプログラム
  • 19:00~21:30

犬のようだ

犬のようだ

2012年/44分

監督 甲斐博和
出演 本杉淳悟/木村知貴/カイマミ/結/杉木隆幸/齋賀正和/北川浩/菊地奈緒/興那覇いくよ/高杉菜愛
あらすじ

妻を亡くした弟と、家族と離れて生活する兄。
どこか普通になりきれない二人。
そんな二人の、あてどもない逃避行、そして奇妙な出会い…
兄弟の、絶望と再生の物語を、切なく、そしてユーモラスに描く。

予告編(YouTubeへ)

  • *第6回田辺・弁慶映画祭 東京国際映画祭チェアマン特別奨励賞受賞
監督略歴 1977年、鹿児島県屋久島生まれ。
高校時代をチリやアメリカで暮らす。帰国後、筑波大学人間学類に入学。教育学、心理学を中心に学ぶ。大学を卒業後、役者の道へ。2003年に自身の劇団「TOCA」を立ち上げ、2006年より独学で映画を製作。

予約フォームへ

降霊 さよなら。そして、おかえり

降霊 ~さよなら。そして、おかえり~

2012年/22分

監督 頃安祐良
出演 永山智啓/小宮一葉/木村知貴
あらすじ

ライタが死んだ。3人は死者に会えるという噂がある三十川へと向かう…。

予告編(YouTubeへ)

  • *第5回下北沢映画祭
監督略歴 1984年岡山県生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。アイドル映画『あの娘、早くババアになればいいのに』が、昨年テアトル新宿にて劇場公開され、大ヒットとなった。
乃木坂46のDVD特典映像や、アイドルネッサンスのMV、スペースシャワーTVにて放送されたでんぱ組.inc特番のディレクターを手がける。

予約フォームへ

明日から嫁が産休です

明日から嫁が産休です

2012年/16分

監督 須田虎太郎
出演 木村知貴/太宰美緒/野田紘美/西条成美
あらすじ

美容師の嫁と無職で気楽な主夫の物語。ぐうたらな生活を送っていた主夫の晋太郎は妊娠9カ月で明日から産休をする嫁に、外で働けと詰め寄られる。

予告編(YouTubeへ)

  • *西東京市民映画祭2012
監督略歴 1974年生まれ。
友人の福山監督の映画制作に数年間携わった後、自らの脚本、監督により制作した唯一の作品。福山監督以下、素晴らしいスタッフとキャストに恵まれて、作品が完成しました。

予約フォームへ

4/30
  • Dプログラム
  • 14:00~16:00

労働者階級の悪役

労働者階級の悪役

2012年/68分

監督 平波亘
出演 松野 泉/見汐麻衣/木村知貴/小澤雄志/三浦 英/宇野祥平/橋野純平/礒部泰宏/三宅 唱/山本政志
あらすじ

過酷な環境で働く労働者の士気を高める為のプロパガンダソングを日々歌わされるイズミと、純粋無垢な女性カナデの出逢い。全編モノクロームの世界で希望と絶望を交錯させるプリミティブな寓話。木村は労働者の骨太なリーダー格・志村を演じる。

予告編(YouTubeへ)

  • *MOOSIC LAB 2012 ベスト男優賞(木村知貴)
  • *ベストミュージシャン賞(松野泉)
監督略歴 長野県出身。2008年『スケルツォ』でPFFアワード入選以降、『青すぎたギルティー』『東京戯曲』『ハッピートイ』などの作品を発表。2016年には初の舞台演出を務めた『LIGHTS』を上演。最新作は今年3月公開の『イースターナイトメア』。

予約フォームへ

トゥルボウ

トゥルボウ

2011年/19分

監督 多田昌平
出演 木村 知貴/浜崎 ヨーイチ
あらすじ

無職の青年がある日見つけた奇妙なアルバイト。
とぼけた雇主に連れられて、辿り着いた現場はのどかな山奥。
そこで目にした光景は・・・?

予告編(YouTubeへ)

  • *ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2012
    ジャパン部門 ベストアクター賞(木村知貴)
  • *Skipシティ国際Dシネマ映画祭2012 奨励賞
  • *16th水戸短編映像祭 グランプリ
  • *高雄映画祭(台湾)ベストセレクション
監督略歴 兵庫県出身。初監督作品『煩悩(ぼんず)』がロッテルダム国際映画祭等で上映。2作目『トゥルボウ』は水戸短編映像祭グランプリ他。
3作目『なんで僕だけ』は、札幌国際短編映画祭ナショナル部門グランプリ他。

予約フォームへ

4/30
  • Eプログラム
  • 16:30~18:30

アナタの白子に戻り鰹

アナタの白子に戻り鰹

2013年/55分

監督 今井真
出演 森田釣竿/柳英里紗/深海光一/川瀬陽太/木村知貴/阿久沢麗加/三浦英/宇田川大輔/矢野深雪
あらすじ

密漁者に重傷を負わせた罪で刑務所に服役していた勝男が、浦安魚市場に帰ってくる。勝男の帰郷に、野次や祝福など悲喜こもごもの言葉が飛び交う魚市場。そんな中、勝男の帰郷を心待ちにしていた怪しい男が現れ……。その上、妹のあさりが“魚屋を辞めたい”と言い出し、事態は思わぬ方向へ進展してゆく!

予告編(YouTubeへ)

  • *MOOSIC LAB 2013 観客賞・最優秀男優賞(森田釣竿)
監督略歴 1986年東京生まれ。映画とご飯が大好きな幼少期を過ごし、18歳の時太り過ぎて足の骨を折った事がきっかけとなり名画座に引きこもる。ダイエットに成功し映画製作を開始。好きな食べ物は、えび天。

予約フォームへ

堀人

堀人

2010年/18分

監督 内藤壮平
出演 前田桂吾/木村知貴/澤田一輝/杉本直哉/川瀬省吾/保理怜哉
あらすじ

交通量調査の仕事で出会った2人の男、古川(前田桂吾)と堀(木村知貴)は、穴を
掘って現実からの逃亡を図ることにした。

予告編(YouTubeへ)

  • *2011福井映画祭
監督略歴 1986年、大分県出身。バンタンデザイン研究所卒業後、自主映画を製作中。
映像製作団体「石倉」代表。監督作に「堀人」「きたかたたけとし」 「バーニン バーニン バルーン、心の」他。

予約フォームへ

吾輩は木村の猫である

吾輩は木村の猫である

2013年/12分

監督 片岡翔
出演 木村知貴/新井郁/広江美奈/三浦英
あらすじ

ある日、飼い主の一人がが出て行って、男が新しい女を連れてきた。
だけど猫のグレは、その女になつかない。

予告編(YouTubeへ)

  • *ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2013
  • *Taos Shortz Film Festival 2014(アメリカ)

予約フォームへ

希望のカケラたち

【特別上映】希望のカケラたち

2015年/4分

出演 太一/木村知貴/尾崎愛/ほなみ
シンガーソングライター・中田真由美のミュージックビデオを併映いたします。
4/30
  • Fプログラム
  • 19:00~21:30

ひとまずすすめ

ひとまずすすめ

2014年/30分

監督 柴田啓佑
出演 斉藤夏美/山田雅人/小林優斗/矢崎初音/木下あかり/木村知貴/玉川佐知/藤代太一/赤間麻里子
あらすじ

市民戸籍係で、慌ただしい中、マイペースに働く花村美幸。三十路も目前、彼氏無し。父・一雄との二人暮らし。美幸は淡々とした生活が続いていくと思っていた。しかし、美幸は、突然直面する問題に翻弄され、「いまのままじゃいけない。でもどうしたらいいかもわからない」と悩むのであった…。

予告編(YouTubeへ)

  • *第8回 田辺・弁慶映画祭 グランプリ、市民賞、男優賞、女優賞
  • *横濱HAPPY MUS!C 映画祭2014 グランプリ、観客賞
  • *長岡インディーズムービーコンペティション グランプリ
  • *映文連アワード2014 準グランプリ(優秀作品賞)
  • *福岡インディペンデント映画祭2014 優秀作品
  • *第15回 TAMA NEW WAVE

その他、各地の映画祭で上映歴あり。

監督略歴 1984年生まれ 静岡県出身。日本映画学校(現:日本映画大学)2012年卒業。
在学中から映画、TV、MV、CMなど現場に参加している。前作「ヤギ、おまえのせいだ」は在学中に脚本・監督し、製作し、自身で上映も行う。近年では、映画だけではなく、MV やwebムービーなとも監督する。

予約フォームへ

ヒゲとりぼん

ヒゲとりぼん

2012年/28分

監督 片岡翔
出演 椎名琴音/小澤雄志/木村知貴/切田亮介/今野麻美
あらすじ

きっこには、物心ついた時から二人の男が視える。
ヒゲと名付けた男と、りぼんと名付けた男。
何をするわけでもなく、常にきっこの側にいる二人。
きっこは思う。こいつらは、いったい何のためにいるのだろうか。

  • *第7回田辺・弁慶映画祭
  • *第7回札幌国際短編映画祭
監督略歴 1982年北海道出身。
短編映画『くらげくん』が13冠を達成するなど、多数の映画祭で受賞を重ね、2014年に『1/11 じゅういちぶんのいち』で商業デビュー。
昨年第二作目となる『たまこちゃんとコックボー』が公開。

予約フォームへ

きたかたたけとし

きたかたたけとし

2012年/28分

監督 内藤壮平
出演 木村知貴 /首藤誠也/ 山崎智恵 / 宮部純子 / 阿部敬史/ 後藤謙太
あらすじ

毎朝、新聞を配り、ジュースを飲み、河原のベンチで食パンを食べる。同じ景色の中、
同じ事を繰り返す男・きたかた。彼は自分の名前が言えない。小学生の頃から「か行」が極端にどもってしまい、「き」がどうしても出てこないのだった。ある朝、きたかたは「矢部吃音矯正所」と書かれた看板を見つける。

予告編(YouTubeへ)

  • *第17回水戸短編映像祭
  • *福井映画祭2013
監督略歴 1986年、大分県出身。バンタンデザイン研究所卒業後、自主映画を製作中。
映像製作団体「石倉」代表。監督作に「堀人」「きたかたたけとし」 「バーニン バーニン バルーン、心の」他。

予約フォームへ

ご予約フォーム

木村知貴映画祭 2016年4月29日(金・祝)・30日(土)

各回参加費:1,000円/2回参加費:1,500円/1日参加費:2,000円/2日参加費:3,000円/高校生以下参加費無料

4/29 Aプログラム 14:00~ TUESDAYGIRL(今泉力哉)/捨て看板娘(川合元)
4/29 Bプログラム 16:30~ ぴかぴか(頃安祐良)/Daughters(二宮健)/ご祝儀(甲斐博和)
4/29 Cプログラム 19:00~ 犬のようだ(甲斐博和)/降霊~さよなら。そして、おかえり~(頃安祐良)/明日から 嫁が産休です(須田虎太郎)
4/30 Dプログラム 14:00~ 労働者階級の悪役(平波亘)/トゥルボウ(多田昌平)
4/30 Eプログラム 16:30~ アナタの白子に戻り鰹(今井真)/堀人(内藤壮平)/吾輩は木村の猫である(片岡翔)
4/30 Fプログラム 19:00~ ひとまずすすめ(柴田啓佑)/ヒゲとりぼん(片岡翔)/きたかたたけとし(内藤壮平)

木村知貴映画祭のチケットは下記フォームからお申込みいただけます。お支払いは、当日現金でのお支払いになります。マークは必須項目です。

希望チケット

枚数

お名前

メールアドレス

メッセージ